<映画翻訳家のロゴデザイン作成事例>


「ホビットシリーズ」「ベンジャミンバトン」「インセプション」など数々の映画を翻訳されている映画翻訳家のロゴマークをデザインしました。


「インターステラー 」「マッドマックス」「ダークナイト ライジング」「シャーロック・ホームズシリーズ」「ホビットシリーズ」「インセプション」「ベンジャミンバトン」「トータル・リコール」など様々な映画の字幕翻訳や日本語吹き替え翻訳を手がけている映画翻訳家のアンゼたかし氏のロゴマークデザインとオリジナル名刺をロゴジャパンで作成させていただきました。

<ロゴデザインについて>
会社のロゴマークとは違い映画翻訳家という個人のロゴマークなのでロゴに個性を出したいと考えて作成しました。クライアント名である「ANZE」という名字の中から「A」と「Z」をロゴマークのデザインに取り入れて映画翻訳家ということを視覚的に伝えていこうと設計したロゴマークのデザインです。AとZはアルファベットの始まりと終わりの文字、この始まりと終わりをロゴにデザインとして取り入れ、映画の最初から最後まで質の高い翻訳を提供するという意味合いをもたせました。そしてAとZのデザインに映画のフィルムをイメージしたデザインを組み合わせることで映画翻訳家ということを視覚的に伝達できるようにデザインしています。クライアントの要望でロゴのデザインはシンプルに・・完成したロゴマークがこちらのデザインです。






Back to Top