titlearea

ロゴの色を決める際に注意するべきポイント

ロゴマークのデザイン(カタチ)は決定したが、カラーがなかなか決められないという時に、どのようなことに注意して色を決めればいいのか悩むと思いますが、それにはいくつかのポイントがあります。

コーポレートカラーとロゴマークカラー

1. 企業イメージからロゴマークの色を決める

会社のイメージやコンセプトなどからロゴマークの色を決める方法です。すでにコーポレートカラーなどがある場合は、ロゴマークの全部、または一部にコーポレートカラーを使うなどが考えられます。会社のイメージの色とは、会社が描くビジョンやコンセプトなど、例えば活力ある企業に成長させたいというビジョンであれば、それをイメージさせる赤やオレンジなどの暖色系を、クリーンな印象を伝えたいというのであればロゴマークの色はブルー系統の寒色系を使用する場合が多くなります。同じデザインのロゴマークでも、配色次第でイメージはかなり変わってしまいますので、ロゴマークのカラーの決定は慎重に行う必要があります。販売ロゴマークのコーポレートカラーを決める

2.業種からロゴマークの色を決める

業種からロゴマークの色を決める方法です。それぞれの業種には、その業種をイメージさせる色が存在します。例えば環境ビジネスの場合、ナチュラルなイメージのグリーン系、歯科なら清潔感が感じられるブルー系、教育関連なら情熱を感じる赤系統など。それぞれの業種に適したカラーをロゴマークのメインカラーにすることも顧客視点でロゴの配色を考えていると言えます。逆に業種に似つかわしくないカラーというのも存在します。例えば病院など医療系のロゴマークにきつめの赤い色はあまりお勧めしません。赤い色は、情熱、躍動感、活気などのイメージが伝わる一方で、血を感じさせる色であり、ドキドキ感、落ち着かない、安心感を感じられない色でもあります。しかしきつめではない、優しい赤系等の色、例えば淡いピンク系なら安心感を感じさせ、優しさなども伝わります。
ロゴマークの色を決める際には、サービス業など特に個人向けの業種ならば業種からロゴマークの色を考える方がオススメです。法人向けの業種なら企業イメージと業種のイメージカラーを考慮してロゴの配色をご検討してみてください。

ロゴデザインの色の決めからに関して

もっと詳しくロゴの色の決め方を知りたい方は、こちらを参照してください

Back to Top