企業マークのデザイン制作会社の表紙イメージ

ロゴ制作に失敗しないための、ロゴデザイン会社の賢い選び方!

ロゴ制作会社の選び方は、どのようなロゴのデザインを作るかによってその方法で変わります。オーダーでデザインを作成するのか、完成されている販売ロゴマークの中から気に入ったマークのデザインを選んで購入するのかで変わってきます。特にオーダーで会社やお店のロゴデザインを作成しようと考えているならロゴマークのデザインの善し悪しは、デザインを依頼する制作会社次第でほぼ決まってしまいます。それだけに、オーダーロゴマーク制作の場合は、制作会社の選びかたが一番重要なポイントとなります。



値段だけで決めて後で後悔するよりも、デザイン力・提案力のあるレベルの高い制作会社にお願いするのがオススメです。


どのようなモノでも何かを購入する時は、やはり価格と品質(デザインや内容)は購入の大きな決定材料になります。もちろん会社やお店のロゴマークやシンボルマーク、エンブレムなどを制作する場合も価格と品質でデザインを依頼する制作会社を決定することと思います。ロゴマークやシンボルマーク、エンブレムなどのロゴデザインの場合、実はデザインの品質を判断するというのがかなりむずかしいのです。

販売ロゴのようにすでに完成されているロゴマークやエンブレムのデザインであれば、見て決めることができますのでデザインクオリティの面でもやはり安心です。しかしオーダーでマークを制作の場合は、マークのデザインを見る前に「制作会社へのデザインの依頼」が先になります。そのためにはまず依頼先である制作会社を探し出す必要があります。どの制作会社に頼むか。それを提案数や価格、デザインの品質、納品データの種類、修正時の対応などいろいろな条件を見て決めていく必要があります。今はロゴの無料提案などを行っている制作会社がかなり多いですが、会社の起業やお店やクリニック、事務所などの開業に合わせてロゴのデザインを作成する場合、いくら無料提案だからといっても「デザイン制作にかかる初回提案までの時間的なロスは無料になるとは限りません」会社やお店のマークのデザインが提案されるまで、それが本当に自社のロゴとして使用できるかわかりません。そしてその提案がもし気に入らなかった場合はまたはじめからロゴを作成する制作会社を探し出すといった時間的なロスが増えて起業や開業に合わせたスタートアップツール(会社のホームページや名刺、封筒、看板、その他)の作成に支障をきたしてしまいます。そのようなことにならないようにデザイン制作を依頼する会社をしっかりと判断する必要があります。


デザインの依頼を検討している制作会社のロゴ制作実績を確認しましょう。とくにあなたの会社のロゴデザインを担当するデザイナーの制作実績の確認は必須です。


デザイン制作会社やデザイン事務所のレベルを判断するには、その会社のデザイン制作実績(実際に作成したロゴマークなどの作品事例)を見るのが一番の参考になります。制作会社のホームページに作成事例が掲載されていないような会社にはデザインを依頼しないほうがいいかもしれません。また外部協力スタッフの多い会社の場合はデザインレベルの判断を少し慎重になる必要があります。(協力会社やフリーのデザイナーなど外部スタッフを使用しているかは制作会社のホームページに記載されている場合もありますし、外部委託デザイナー募集などとホームページで告知しているような会社は外部デザイナーの協力を得ていると考えていいでしょう)ロゴデザインの外部委託が多いということは内部に制作するデザイナーを抱えていないか、いたとしても少数ということ。デザインは制作する担当デザイナーのレベルやセンスで大きく変わりますので誰が自分の会社のマークの制作をすのかということが一番重要になります。外部委託の場合は特にロゴマークのデザインを担当する外部のデザイナーの制作実績を見て自分のイメージに合うようなデザインを作成できるかという判断を下すことが重要になります。外部協力スタッフの多い制作会社を利用するなら必ず担当するデザイナーを指名してマークを作成してもらいましょう。


後悔しないデザイン制作会社の選び方
一からオーダーデザインを頼むなら制作会社は慎重に決めましょう。


1. 完成済みの販売ロゴマークデザインを購入する場合

完成済の販売用のロゴマークデザインは、見て選ぶことができるので企業イメージやコンセプトに合ったデザインをお選びください。会社やお店の顔として永く使用するロゴマーク、シンボルマークのデザインなので、価格を優先するというよりも、まずはロゴマーク自体のデザインのクオリティや制作コンセプトを優先してください。そして次に抑えるべき点は、販売ロゴマークデザインの使用範囲です。一般的には納品後ロゴの著作財産権は購入者へと渡る場合が多いのですが、中にはWEB利用だけと限定しているような販売ロゴもあるようですので利用規約などをよく読んでどの範囲で使用することができるのかを確認してください。またロゴの納品データを確認しておく必要もあります。必ず納品しておきたいデータの種類は「aiデータ(アドビイラストレーター形式)」と「jpgデータ」になります。この2つは必ず納品してもらいましょう。ただしweb限定という場合はaiデータは納品しないと思います。pngやgifデータだけの納品は拡大などに対応できませんのでご注意ください。


2. オーダーロゴマークのデザイン会社の選び方

インターネットでオーダーロゴマークの発注を検討されている場合は、デザインをどこに頼むかということが一番重要になります。オーダーロゴマークの発注スタイルは大きく分けて2つのタイプがあります。


<コンペ会社を利用してロゴデザインを制作する方法>

デザインを一から頼んで作成する「オーダーロゴ制作」で多分一番利用されている方法がコンペ形式によるロゴデザイン制作ではないでしょうか。会社やお店のマークやエンブレムのデザインをコンペサイトを通して募集する場合のメリットとしては、 「デザイン提案数が豊富に集まる」「最初にコンペの価格を自分で設定できる」ということです。1回のコンペで数多くのロゴマークデザインを見れるということは確かにデザインの選択肢が増えるということなので、数を多く見たい方にはオススメです。 ただ、コンペサイトは登録すれば大抵の場合、誰でもロゴマークやエンブレムのデザイン提案が可能なので主婦や学生、サラリーマンの副業で参加されている方もいるようで、制作後、納品後に連絡の取りづらいということも検討して依頼する必要があります。

<ロゴのコンペ会社を利用する際に注意しておきたい点について>

著作権のトラブルを頭に入れておかなくてはいけない

素人の方も参加する可能性のあるロゴデザインコンペは、著作権での心配がつきものです。実際に、私が作成したロゴマークのデザインを医療機関のロゴデザインのコンペでそのまま模倣して応募し、当選してしまったことがあります。 当選した結果、制作者が実は弊社の(姉妹サイト、ロゴジャパン)制作実績のロゴマークを真似して作成したということを曝露したそうです。その医療機関の方から連絡をいただきました。 コンペを開催した医療機関は時間と費用面で大きな損害を被ったようです。コンペは価格も安くデザインも集まるというメリットもありますが、会社やお店の顔となるロゴをコンペで決めるというのは実際のところとても恐ろしいという気もします。それでもコンペでロゴを作成をするのであればデザイン会社同士のコンペというような信頼のおけるコンペの方法がいいのではないでしょうか。

コンペのデザインを見てみると「提案数にバリエーション数も含まれているということ」に気がつきます。 どういうことかというとメインとなるロゴマークのデザインをもとに色の違いや組み合わせかたの違いなどのバリエーションデザインもそれぞれ1提案としてカウントされているようです。 実際には純粋にデザインが異なるロゴの提案数ではないということです。通常ならはロゴマークのバリエーションも含めて1案とするものですがロゴコンペサイトの場合は違うようです。 「金額設定を低くすると良いデザインが集まりにくい」 デザインコンペなので、ロゴマークのデザインが選ばれなければ勿論、制作者にはお金が入りません。つまり、デザインを生業としているプロのデザイナーの場合、あまり低い金額であれば通らない可能性のあるデザインにわざわざ時間をかけてまでデザインの提案はしないということです。また、ある程度高い金額でも応募数が多く、確実性の薄い提案にも時間はあまりかけないとも考えられます。 やはりコンペサイトを利用した場合はクオリティの面でも不安になる要素は残ります。永く使用するロゴマークですのでデザインを決定する場合、とても選考に悩むと思います。 ロゴのコンペは一度に数多くのデザインを見て、その中から決定するため、一度デザインを決めてから、やはり違うデザインの方が良かったから変更したい等という決定後の変更は制作者が違うため基本的にはできないでしょう。また、決定したロゴマークのデザインに対する大幅な修正等もコンペという選出方法から考えて難しいのではないかと考えます。

コンペ制作のメリットはデザイン提案数と料金、デメリットは著作権問題とデザインのクオリティ



<無料提案のロゴデザイン制作の場合>

ロゴマークデザインを無料で提案し気に入った場合に購入するという方式が無料提案型のデザイン制作です。 ロゴ無料提案のメリットは名前の通り、「無料でロゴデザインを見れる」「気に入らなければ料金はかからない」という安心感です。ロゴのデザイン提案数は、通常2〜3案程度です。 金額も様々で30,000円前後から100,000円くらいまでと幅があります。ロゴマークのデザインを見て、気に入らなければキャンセルできるという点は発注側にとっては確かに魅力的です。多くの場合は、デザイナーが制作しているのでデザインの品質などコンペに比べれば安心感はあります。 無料提案の場合、ロゴ制作のデザイナーを自社で抱えているデザイン会社や 外部に発注している制作会社があります。外部スタッフを使っている会社のい場合は中間マージンがあるので料金はやはり高めの設定のようです。

無料提案で注意しておきたい点

ロゴデザインの提案数に応じて、金額が違う場合もありますが基本的にはデザイン数は2〜3案程度ですのでその中からロゴマークを選べるかということです。デザインのクオリティはデザイン会社によって変わります。特に外部委託している会社は外部デザイナーのスキルやレベルに依存していますので、実際にロゴの制作をどのデザイナーが担当するのかということがとても重要になります。担当するデザイナーを指名できればいいのですが、指名できないということもあるでしょう。そういう場合はやはりデザインクオリティの面で不安を感じます。 オーダーデザインですので、制作時間も販売ロゴマークより日数がかかります。提案されたロゴデザインが気に入らない場合はキャンセルできるというメリットもありますが、また、はじめから別の会社に発注しなければならないというわずらわしさが出てきます。 起業や開業に伴って、ロゴが必要になる日を逆算した場合、間に合わなくなるケースもあり、妥協してデザインを選んでしまうなんてことも出てきます。 無料提案のマークを制作会社に依頼する場合は、納品希望日から逆算して最低でも一ヶ月以上の余裕あるスケジュール調性が必要になるでしょう。

無料提案のメリットは安心感、デメリットはキャンセルした場合の時間の浪費とデザイナーのレベルのばらつき


 

会社やお店のマークを品質重視で制作しています。LOGOデザイン専門の「LogoJapan」

ロゴマーク、ロゴタイプ、エンブレムなどのデザインを企画制作いたします。LOGOを作るのは初めてというお客様でも安心してオーダーデザイン制作が可能です。下記画像をクリックしていただくとLOGOJAPANのホームページに移動いたします。

シンボルマーク、エンブレムデザインの作成サービス


Back to Top