titlearea

ロゴマークの寿命ってあるの?

ロゴマークのデザインは長い期間使用するのが常ですが、実際にどのくらいでロゴマークをリニューアルしていたりするのかも気になるところです。例えば、グーグルのロゴや森永製菓のロゴマーク、ペプシコーラのロゴマーク等、有名な企業もロゴマークを幾度となくリニューアルしています。全く新しいデザインのロゴマークにするのではなく、イメージを残してロゴマークをリニューアルしていることが多いようです。

ロゴ デザインの刷新

1. ロゴマークをリニューアルするタイミング

事業の変革時期、時代の流れ、イメージの刷新などロゴマークをリニューアルするタイミングはいろいろあります。ロゴマークのリニューアルにはブランドイメージを継続しつつ新しいイメージに変革する場合と、負のイメージを払拭するためにロゴマークを刷新する場合など理由も様々です。
ロゴのデザインも、新しいロゴマークになるに従ってシンプルなデザインになっていく傾向にあるようです。行き着くところはやはりシンプルなロゴマークということなのでしょうか。ロゴマークのリニューアル


2. ロゴマークをどのようにリニューアルするか

事業内容の大幅な変更、例えば主力のサービスや商品などが創業時とかわり今の事業内容と使用しているロゴが適合していない。制作時にはいいと思っていたロゴマークのデザインが時代錯誤しているようで、ロゴを使用するほうがマイナスイメージになってしまう・・などロゴマークを永く使用している場合は一度ロゴマークを見直してみることをおすすめします。培ってきたブランドイメージを残しつつロゴマークをリニューアルするのであれば、前のデザインイメージを引き継いでロゴマークをリニューアルすることがいいと思います。逆に、あまり良くない印象を持たれてしまっているようなら今までと全く違ったデザインのロゴマークに刷新する必要があります。ロゴマークデザインの刷新

Back to Top