コンテンツへスキップ

爽やかな青空と家 ロゴデザイン制作販売|ロゴ番号01684

    青い空の中の住宅を表現した開放感いっぱいのシンプルで美しい家 ロゴデザイン。

    ロゴの説明

    このロゴデザインは、青い空の中に住宅を表現しており、開放感と美しさを強調しています。正方形のベースの中には、清々しい青空と家の景観が描かれています。正方形の形状は誠実さや信頼性をイメージさせると同時に、空の広がりを表現することで圧迫感なく、開放的な印象を与えることができます。

    このロゴデザインは、単色ベタでも使用可能な設計になっており、使用用途としても幅広く対応しています。太陽の位置は左右に移動できるため、ロゴを柔軟に配置することができます。

    このデザインは、住宅や建物に関連する業種だけでなく、開放感のある印象からリゾートや観光業のロゴとして、また一軒家のイメージからレストランや飲食関連、青空の印象からクリーニングなどの業種にも適しています。さらに、介護や福祉関連の業種のロゴとしてもおすすめです。特定の業種に限定されないデザインなので、イメージが合えばどのような業種のロゴとしても使用することができます。

    このロゴデザインは、開放感とシンプルな美しさを組み合わせたもので、視覚的に魅力的な印象を与えることができます。青い空と家の景観が組み合わさったこのデザインは、あなたのビジネスやブランドのイメージを強化し、視覚的な印象を与える効果的なツールとなるでしょう。

    家 ロゴデザイン01684エンボス加工

    青空の家ロゴを使用するメリットは

    開放感と清々しさを伝える

    このロゴデザインは、青い空の広がりと家の景観を正方形のベースに描いています。この組み合わせにより、開放感が強調され、視覚的に広々とした空間をイメージすることができます。また、清々しい青空の色彩は、心地よさや穏やかさを連想させ、観る人に安心感を与える効果があります。

    誠実さと信頼性を表現する形状

    正方形の形状は、直線や均整の取れたデザインを持ち、誠実さや安定感を感じさせます。この形状は、建物や住宅に関わる業種においては、信頼性や確かな技術を提供することをイメージさせる効果があります。顧客はこのロゴを見ることで、信頼できるパートナーであることを感じ、安心してサービスを利用することができるでしょう。

    柔軟な配置とカラーバリエーション

    このロゴデザインは、太陽の位置を左右に移動することができます。これにより、ロゴを異なるレイアウトやデザインに適応させることができ、柔軟な配置が可能です。さらに、単色ベタで使用してもロゴが美しく見えるように設計されており、カラーバリエーションを利用してブランドのアイデンティティを表現することもできます。

    幅広い業種に適用可能な汎用性

    このロゴデザインは、特定の業種を設定せずにデザインされています。そのため、建物や住宅に関わる業種だけでなく、観光業や飲食関連、クリーニング業、介護や福祉関連など、幅広い業種でこのロゴを使用することができます。特定の業種にとらわれずにロゴを活用できるため、オリジナリティのあるブランドイメージを築くことができるでしょう。

    正方形の中に描かれた青空と住宅のロゴの使用見本

    ロゴマークの色

    ロゴマークの色はメインカラー、カラーA、カラーBよりお選びください。色変更も可能です。色変更をご希望の場合は、お申し込みフォーム内にて「色変更希望」にチェックを入れていただき、変更したい色名(おおまかでも大丈夫です)を記入してください。

    2101684color m
    2101684color a
    2101684color b

    ロゴのCMYKカラーチャートを公開しています

    【ロゴ販売番号|01684】 

    ロゴ価格|47,300円(税込)

    【ロゴ価格+プラン料金】がロゴ制作料金です。

    プラン料金(ロゴ制作料金)納品パターン修正回数
    基本プラン|0円(47,300円)ロゴのみ色変更2回
    社名プラン|4,400円(51,700円)ロゴ下社名またはロゴ右社名初回2案+2回
    完全プラン|5,500円(52,800円)ロゴのみ・ロゴ下社名・ロゴ右社名の3パターン初回3案+4回
    (注意)完全プランは同じ内容のデザインになります。ロゴ下社名とロゴ右社名の文字内容及び色、書体は同一となります。ロゴの色も全て同じ色になります。
    本サイトに掲載のロゴ及び文章の無断使用・無断複製を固く禁じます。
    本サイトに掲載されているロゴ及びロゴ画像の権利は、ロゴマークガーデンを運営するたけはらデザイン室に属します。著作権者の許可承諾がなく無断使用・無断複製などの行為を行うことは著作権法など著作権侵害や著作隣接権侵害などの違法行為となり損害賠償請求の対象となります。