選んでもらう為の不動産会社のロゴデザインとは?

不動産会社のロゴマークに必要な要素とは?

部屋を借りるお客様、部屋を提供する大家さん
どちらも不動産会社にしてみれば重要なお客様だと考えます。

不動産会社のロゴのデザインを制作する場合、賃貸に重点を置きたいのか、地元の不動産会社ということを強調したいのか、親切な対応などのサービス面での特徴を伝えたいのか・・など不動産会社のスタイルによってどのような方向でロゴをデザインするかということを検討する必要があります。

 

1.賃貸メインの不動産会社のロゴを制作する場合

賃貸に力を入れている不動産会社のロゴは、誰の目にとまるロゴのデザインにするのかということを考えると、部屋を借りるお客様をまず一番に考える必要が出てきます。部屋を貸す大家さんは空室率を減らしたいわけで、大家さんからしても少しでも部屋を借りようとする方に目を止めてもらった方がいいわけです。

このイメージを伝える手段としてロゴはとても重要なポジションを占めます。ロゴは会社の理念や事業(塾)のコンセプトを形に表したビジュアルです。例えば公文のロゴマーク、KUMONのOの文字の部分が可愛らしい子供の顔になっていて安心感や(塾への)行きやすさを感じさせてくれます。進学塾のTOMASのロゴも生徒の後ろに先生が立っているような人をモチーフに作成したシンプルなロゴのデザインで頼りになりそうな信頼感,安心感を感じます。このようにロゴから伝わるイメージで、子供を通わせてみよう、まずは問い合わせをしてみよう・・などと思う場合も多いのではないでしょうか。

 

部屋を探しているお客様に向けた不動産会社のロゴマークのデザインとは・・・

今は部屋を探すには、まず初めにネットでの検索が主流だと思いますが、実際に住みたいエリアに行って街を見たりして部屋を探す人もまだまだ多いのではないでしょうか。
賃貸の不動産会社というと駅の周辺にかなりの数があるというイメージです。希望エリアで部屋を借りようとした時にその駅周辺の不動産店舗に入ってみたりすると思いますが、不動産会社の店舗が数件並んでいたりすると、知名度や店舗の雰囲気などでどこにまず入るかを決めているのではないでしょうか。
部屋を何度か借りている人やネットで下調べをしている人なら、だいたいどこも同じ物件を共有しているというのはわかっていると思います。
それではどこの不動産会社を選ぶのかといったら、不動産会社の店舗への入りやすさというのが重要になります。少なからず店舗のイメージから、「ここの不動産会社はなんとなく印象が良くないから、隣の不動産会社から先に入ってみよう・・」などと、見た目の印象だけで大切なお客様を逃してしまうというのは非常に勿体無いことです。

賃貸に重点を置いている不動産会社のロゴマークのデザインとしては!

目立つロゴマーク/目に止まるロゴのデザイン
派手なロゴのデザインという意味ではなく、シンプルでもわかりやすく覚えてもらいやすいロゴマークのデザインということです。簡単に言えば、賃貸物件が豊富にありそう、いろいろ部屋を探してもらえそう、サービスが良さそう・・などと思える様なロゴマークのデザインが理想的です。
競合の多いエリアにある賃貸不動産会社ならなおさら、ほかに埋もれない特徴的なロゴマークのデザインにすることがオススメです。印象一つでお客様を取りこぼしてしまわないように、安心感と信頼を得られるような、そして来店を促すような目に止まるデザインのロゴマークが最適です。

 

不動産会社のロゴ制作のキーワードを選出

【賃貸不動産会社のロゴマークのイメージキーワード】

賃貸不動産会社のロゴ マークのデザインには「豊富な物件、良心的、対応力、安心、信頼」などがロゴのビジュアルからイメージできるデザインのロゴマークがオススメです。

 

【賃貸不動産会社のロゴマークのビジュアルキーワード】

ロゴのビジュアルとしてのキーワードは、ロゴマークの形からなるキーワードです。ロゴマークを見ることですぐにわかるカタチというのがビジュアルキーワードになります・
「家、虫眼鏡、コンパス(方位磁石)・・など」

以上、ロゴのイメージキーワードやビジュアルキーワードからロゴデザイナーがお勧めする賃貸不動産会社にオススメのロゴマーク デザインをご紹介していきます。紹介する販売ロゴのデザインはロゴマークガーデンとロゴジャパンで販売しています。すでに売り切れという場合もございますので予めご了承ください、

 


賃貸不動産会社にお奨めのロゴデザインとは | コンパス(方位磁石)のロゴマーク特集

コンパス(方位磁石)のロゴデザインは周辺地域の網羅を表し風水をも意識させる、賃貸不動産にオススメのロゴマーク デザインです。

賃貸不動産会社のロゴ マーク、エンブレムのデザインを制作するときに、お勧めしたいデザインのひとつとしてにコンパス(方位磁石)をモチーフに制作したロゴデザインが考えられます。コンパス(方位磁石)は様々な周辺地域を網羅するイメージがあり、特にお客様への紹介件数の多い賃貸不動産会社のロゴ デザインとしては、自社周辺のエリアを完全網羅というイメージが伝わりやすいデザインです。
またお客様の中には引越しする際に風水(方角)を気にする方も結構いられるので、コンパスをモチーフにした方角を示すロゴマークのデザインならば賃貸、販売ともに不動産会社のロゴマークとしてはお勧めのデザインになります。コンパスと家を組み合わさったデザインのロゴマークは不動産のロゴとしてとてもわかりやすいイメージで特にお勧めですが、コンパスのデザインのロゴだけでも不動産会社の名前と組み合わせることでイメージは伝わります。

 


この販売ロゴの詳細はこちら

錨と羅針盤をモチーフに作成した不動産会社にオススメのロゴデザイン

こちらのロゴマークデザインは、錨(イカリ)と方位磁石(コンパス)が組み合わさったしっかりと作りこまれたロゴマークのデザインです。錨のビジュアルからは、錨を下すという言葉からも伝わるように、その場所に留まる、たどり着いた地点にしっかりと錨を下ろすというイメージが伝わってきます。そして方位磁石(コンパス)は目的地に向かう、目的地を探すというイメージで、住宅やオフィスなどを探しているお客様が気にいるような物件を揃えているということを表しています。錨と方位磁石(コンパス)の組み合わせは、まさに不動産を探し、気に入った物件を見つけそこに住むというイメージを伝えることができる不動産会社にオススメのロゴマークのデザインと言えます。住むべき場所をしっかりと探し導く(サポートする)羅針盤を錨のデザインの中央に配置したインパクトあるロゴマークのデザイン。
会社のロゴとしての意味は錨と羅針盤を組み合わせることで、進むべき方向をはっきりと示し、目標にたどり着きしっかりと着地するということを表しているロゴデザインになっています。

<このロゴデザインから伝わるキーワード>
ビジュアルキーワード:羅針盤、錨、方位、目標、指針、指標、航海、安定
イメージキーワード:安住、方角、根付く、進路


この販売ロゴの詳細はこちら

コンパスの針が家のカタチになっている不動産会社にお勧めの羅針盤のロゴマークを作成

会社やお店、事業の方向を指し示す羅針盤をモチーフに作成したデザインのロゴマークです。
このコンパスのロゴ デザインは、針にあたる部分を家のデザインで表現したロゴマークになっています。針の指す方向は
右斜め上で、この方向は会社や事業の右肩上がりの成長ということを表している角度です。目標と反対側の方向も指しているこの羅針盤の針は、危機回避のことも考えた上でのしっかりとした目標というイメージです。会社や事業が目標に向かってしっかりと進んでいくということを表現したロゴマークデザインです。
ロゴのデザイン的にはグラデーションと陰影をつけた立体的で先進的なイメージが伝わるロゴマークです。
常にお客様本位で、最新の情報を提供する、しっかりと自社のホームページを作成して
お客様に最新のサービスで賃貸を検索してもらう・・など、そんなスタイルの不動産会社にお勧めのロゴマークのデザインです。

<このロゴデザインから伝わるキーワード>
ビジュアルキーワード:方位磁石、コンパス、羅針盤、家
イメージキーワード:方角、方向、検索、未来、希望、目標、夢、先進的


この販売ロゴの詳細はこちら

立体感のある羅針盤のロゴデザインを制作

円形の中に星が輝いているような羅針盤をデザインしたロゴマークのデザインになります。中央に輝く大きな羅針盤の星は目指す方向を指し示めすビゲーションで、目的に向かってしっかりと方向を見誤らず進んでいく、会社がしっかりと軌道に乗るように道を指し示すということを表したロゴマークデザインです。

<このロゴデザインから伝わるキーワード>
ビジュアルキーワード:案内、ナビゲーター、羅針盤、星、方位磁石、コンパス
イメージキーワード:目的、目標、目印、ターゲット、輝き、指針