生徒の獲得につなげる学習塾・進学塾のロゴとは・・ロゴ マーク制作のためのヒント

学習塾のロゴ デザイン制作を考えるときに、どのような種類の塾なのかということからまずは検討していく必要があります。

学習塾と言っても、進学塾,補習塾、さらには予備校のように大人数を指導する集団指導の塾であったり、または少人数を対象にした個別指導塾,さらには家庭教師のように個人のお宅に先生を派遣する塾など様々です。住宅地で近隣の子供たちを相手に勉強を教える教室なども塾というカテゴリーに入ります。さらには教える生徒(ターゲット層)によっても変わってきます。就学前の小さな子供から、小学生、中学生,高校生など、教える生徒の対象は様々です。進学塾などは受験する大学に的を絞った塾なども存在します。塾のロゴマークのデザインを作成する場合、あなたの塾はどのカテゴリーになるのかということを考えてロゴ マーク制作をする必要があります。さらには同じ地域で競合する塾のロゴ デザインなども参考に見ておくということも大切です。

 

塾のロゴに必要なデザイン要素とは?

大手の塾など知名度のある塾の教室を開業するなどという場合は別として、一般的に塾のロゴマークを検討されている方はこれから「起業して塾を始める」「既存の塾にロゴ マークがなかったので作りたい「今ある塾のロゴ マークを一新させたい」というケースが多いです。塾を経営するということは、顧客つまりは生徒さんを増やすということにつながります。とくにこれから塾を起業するという場合は知名度も信頼感も0からの出発になります。今はネットなどで情報を拡散させ、認知させるということは以前よりは容易になっていますが、逆に悪いイメージがついてしまった場合それを払拭するのは容易ではありません。悪い情報なども口コミ情報やSNSで拡散されてしまうためにイメージというものはとても重要になります。

このイメージを伝える手段としてロゴはとても重要なポジションを占めます。ロゴは会社の理念や事業(塾)のコンセプトを形に表したビジュアルです。例えば公文のロゴマーク、KUMONのOの文字の部分が可愛らしい子供の顔になっていて安心感や(塾への)行きやすさを感じさせてくれます。進学塾のTOMASのロゴも生徒の後ろに先生が立っているような人をモチーフに作成したシンプルなロゴのデザインで頼りになりそうな信頼感,安心感を感じます。このようにロゴから伝わるイメージで、子供を通わせてみよう、まずは問い合わせをしてみよう・・などと思う場合も多いのではないでしょうか。

進学塾のロゴデザインの場合

進学塾は、その名の通り希望する学校に進むための塾。有名校への合格者数を大々的に宣伝しているチラシや広告など、一度は見たことがあると思いますが、進学塾に求められているのは「合格実績」です。ここの塾に通えば、希望の学校への確率が上がると思うから通うのです。
しかしこれから起業する実績のない塾の場合はどうすればということになります。他の進学塾よりも少し安い、先生が良さそう(これは教える先生のプロフィールなどを見て判断すると思います)、近くて通いやすい、カリキュラムがしっかりしている、対応が良さそう・・などが塾を決める実績以外の判断基準になってきます。もちろん、これらの情報を知ってもらうには、ホームページを見てもらったり、宣伝したりということが必要になります。そこで進学塾のロゴマークに必要なイメージを考えてみます。

 

進学塾のロゴ マークを作成する場合の主なイメージキーワード

ロゴのデザインを見たときにイメージが喚起されるキーワードになります。ここでは主なイメージキーワードを紹介します。「安心・信頼・丁寧・しっかり・対応力・相談・学習・誠実・目標・達成」など

 

【進学塾の主なビジュアルキーワード】

ロゴのカタチに影響するデザインモチーフがビジュアルキーワードです。その形をロゴに使用することで、相手にしっかりと伝えていくことができます。
「人・人と人(生徒と先生)・鉛筆・ペン・梟(ふくろう)・本・桜・手(掴む手)・星・太陽」など。この他にもキーワードを組みわせることでオリジナルのビジュアルを構築できます。

【学習塾(補習塾)のロゴマーク デザインの場合】

ここでは、進学塾以外の塾、主に小中高生を対象に学校での勉強の補完、補習を行う「補習塾」ということで考えてみます。補習塾の場合に求められるものは「分かりやすさ、コミュニケーション力、通いやすさ」です。分かりやすさとは、学校でのわからない部分をしっかりとわかるように教えてもらえるかということです。コミュニケーション力とは、生徒一人一人への対応力です。学校によって、今教えている内容が異なる場合があるため、ひとりひとりのわからないに対してしっかりと対応できるかということになります。そして「通いやすさ」。通いやすさとは、塾の料金であったり、塾までの距離であったり、先生や塾の雰囲気であったり、楽しさ・・などになります。ここでいう楽しさとは、塾に通うのが嫌ではない、行くのは割と楽しい、友達が通っているので行きたい・・というイメージです。これらを考慮して学習塾のロゴマーク制作に必要なキーワードを抽出してみます。

 

【学習塾(補習塾)のロゴ マークを作成する場合のイメージキーワード】

「対応力・コミュニケーション・分かりやすさ・安心感・楽しさ・親近感・地域性」

【学習塾(補習塾)のロゴ マークのビジュアルキーワード】

「人・人と人(生徒と先生 / 友達 / 仲間)・顔・鉛筆・ペン・文房具・梟(ふくろう)・本・芽・ハート」など。

 

 

この後は、実際に進学塾、学習塾(補習塾)にお勧めの販売ロゴのデザインをいくつか紹介していきます。紹介する販売ロゴのデザインは掲載時点では購入可能ですが、売り切れている場合がございますので予めご了承ください。

 


進学塾のロゴマーク | 梟(フクロウ)をモチーフに制作したロゴのデザイン

森の物知り博士「ふくろう」のロゴマーク デザインをご紹介

大きな顔は小さな音をひろうアンテナの役目を、聴覚がとても発達しており、また視野がとても広く,目の感度は人間の10-100倍ほど。「森の物知り博士」「森の哲学者」(ウィキペディア参照)などとしても知られている梟(フクロウ)、苦労知らずという意味で不苦労とも書かれたりするこの「ふくろう」をモチーフに作成した進学塾にオススメのロゴマークのデザインをいくつかご紹介いたします。

 

 

 

この販売ロゴの詳細はこちら

梟の頭の部分が本になっているシンプルなロゴマークです。フクロウをモチーフにしたデザインは、森の賢者や物知りなどから塾のロゴとしてオススメです。この梟のロゴは、特に本を組み合わせているデザインのため説得力もあり伝わりやすく印象に残るロゴに仕上がっています。塾という業種柄、様々なツールにロゴは使用することが予測できます。とくに車内で印刷する場合なども多いと考えた場合に、ロゴのデザインはシンプルで単色で使用できるようなロゴが望ましく、このロゴはまさにオススメのデザインと言えます。

 


この販売ロゴの詳細はこちら

学習、教育というイメージで「ペンと梟」を組み合わせたロゴデザインをご紹介いたします。ペンのデザインを大きくすることで、まず教育に関連のあるビジュアルということを伝えています。そしてその中央にふくろうのデザインを組み合わせることで「勉強、学習、教育」ということを喚起させるようなロゴ マークのデザインに設計しています。
進学塾に通うことで、しっかりと適切な指導を受けることができれる、目標(希望校)に向かって的確な勉強、学習を得られる。そういう意味での遠回りをしない、苦労知らずである不苦労「フクロウ」とペンの販売ロゴマークのデザインです。
全体的なロゴのデザインのイメージとしてはフクロウの目を大きくすることで少し可愛らしさを出し、覚えてもらいやすい愛嬌のあるフクロウのロゴマークに作成しています。


この販売ロゴの詳細はこちら

このふくろうのロゴマーク デザインは「本(参考書)を読んでいるフクロウ」をイメージして作成しました。
ふくろうの頭には学士帽子(モルタルボード)をかぶせて学生という雰囲気を出しています。
初見でふくろうが学習、勉強していることが伝わるロゴマーク。デザインとしてはシンプルな設計で
様々なツールに使用できることを想定し、パーツ間に間隔を取ったロゴのデザインに設計されています。

 


この販売ロゴの詳細はこちら

フクロウの頭に角帽をかぶらせて教育をイメージさせたロゴマーク。こちらのロゴも一目でフクロウということが伝わるデザインです。

 


この販売ロゴの詳細はこちら

こちらの梟のロゴデザインは前で紹介した読書するフクロウとテーマは同じです。
此の梟のロゴは「真剣に資料を読んでいる、参考書を見ている・・」など
勉強、学習に対する姿勢が表れているロゴマークのデザインです。

 

以上、フクロウをモチーフにした学習塾・進学塾にオススメの販売用ロゴを幾つかご紹介いたしました。こちらで紹介しているロゴのデザインは

ロゴマークガーデンとロゴジャパンで販売しています。すでに売り切れという場合もございますので予めご了承ください、