縁起の良い亀甲形と日本伝統模様「三崩し」を組合わせた和風のロゴ|ロゴ販売番号2101841 | ロゴデザインの制作と販売【ロゴマークガーデン】

縁起の良い亀甲形と日本伝統模様「三崩し」を組合わせた和風のロゴ|ロゴ販売番号2101841

日本伝統文様シリーズ【2つの伝統文様、亀甲(六角形)と三崩し】を使って作成した家紋のマークのようなシンプルなロゴ

日本の伝統の文様、型である亀甲と三崩しを組み合わせてデザインしたミニマルなロゴをご紹介いたします。

亀の甲羅模様のような形の「亀甲型」の内側に「三崩し」を網代状に組んだ老舗の家紋のような和風ロゴのデザイン

長寿の象徴のように言われる縁起の良い生き物の代表である「亀」。この亀の甲羅のような六角形を並べた模様は日本の伝統文様の亀甲文様と言われています。今回制作したロゴはこの亀甲の形の六角形の中に日本の伝統模様の三崩しの文様を縦横に交差させて組んだ網代組を使ったロゴのデザインです。六角形の向きは下が平らになるように配置し安定感を出しています。
二つの伝統模様を組み合わせた和の印象を伝えることができる家紋のようなデザインのロゴ。
このロゴ自体にはすでに日本の伝統文様という歴史が詰め込まれているので、これから新たに使用した場合でも日本の歴史が紡いできた風格や重みを伝えることができるロゴのデザインです。流行に沿ったスタイリッシュなデザインではなく、これから使い続けていくことで風格や重みがさらに増していく年輪を刻むような老舗風のロゴになっています。

ススキが風になびく日本の風景の中に亀甲と三崩しのロゴをデザインしました。ここで使用しているロゴの色は日本の伝統色「紅掛花色(べにかけはないろ)」を使用しています。

麻紐の紙タグに六角形の亀甲と三崩しのロゴをプリントしたイメージのデザインです。畳の上に置かれるだけでさらに和の印象が増します。このロゴの色は日本の伝統色「山吹茶(やまぶきちゃ)」金色のようにも見えるこの色は、別名「金茶(きんちゃ)」とも言われています。色的には黄色に少し赤を混ぜたような印象の落ち着いた色合いです。

琺瑯(ほうろう)のマグカップに紅掛花色(べにかけはないろ)のロゴを焼入れしたイメージです。琺瑯(ほうろう)は金属とガラスの良さを併せ持つ製品のことです。

シンプルな白地の名刺に「亀甲と三崩しのロゴマーク」を印刷するとこのようなイメージになります。ここで使用しているロゴの色は「煤竹色(すすたけいろ)」という日本伝統の色です。囲炉裏の煤(すす)によって天井の竹の色が茶色くなった色のような色味を煤竹色(すすたけいろ)というようです。

こちらは車のドアに煤竹色(すすたけいろ)のロゴを施工したイメージの写真です。ロゴもしっかりとしたデザインなので目立ちます。

和のイメージのロゴというと黒い色と思う方も多いのではないでしょうか?このクラフト紙のように下地に色がついている場合は、黒など濃い色のロゴを印刷するとロゴ自体の色の変化が少なくてすみます。黒ならほとんど黒のままです。

対面式のお店を運営しているならこのような紙製の手提げ袋も必要になる場合があります。特に老舗のお店などには、お店のイメージを伝える上で手提げ袋にロゴを印刷するのはとても有効的な手段ではないでしょうか。

ロゴの配色バリエーション

ロゴマークの色はメインカラー、カラーA、カラーB、黒よりお選びください。色変更も可能です。色変更をご希望の場合は、お申し込みフォーム内にて「色変更希望」にチェックを入れていただき、変更したい色名(おおまかでも大丈夫です)を記入してください。

ロゴ販売番号 : 2101841

★ロゴ番号は、 ロゴお申し込みフォームにて番号を記入しますのでメモなどに控えて下さい。

ロゴプランの詳細はこちらでご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました