ロゴ マークと料金(価格)の関係性についてをわかりやすく!

ロゴの料金ってどうやって決めるの?

ロゴマークやシンボルマークのデザイン料金はどうやって決めるの?

答え・・「デザイン料にハッキリとした基準はありません」

一般的な商品の場合は、コストプラス法などいわゆる価格決定の手法を用い、原価・利幅・市場価格などを考えて価格を決定していると思いますが「デザインに関してはハッキリ言って曖昧」です。
基準料金というのはあるようでないのが事実です。各々の会社や個人の独自の設定です。

CI/VI(コーポレートマークなどロゴの価格)の基準料金の設定として広告業界での基準みたいなものは一応それなりにはあります。アドメニューなる広告価格基準表も広告団体や広告出版会社から発行されてもいます。しかしロゴ制作において実際にはその設定は現状ほとんど当てはまりません。その基準に当てはめてしまうとコーポレートマーク、いわゆる社名ロゴは何十万から何百万になってしまうからです。

今はネットでロゴが簡単に作れる・買える時代。

そこで実際にどのように金額が設定されているかというと
ネットという環境では主にロゴの料金は競争価格主体かオリジナリティ主体、購入者の入札価格(コンペ)で決められています。

ロゴの価格が違う理由

全く同じデザインがない。
ロゴを商品と捉えた場合、全く同じ商品ではないからです。全てのデザインが少なからず違うのがロゴマーク、シンボルマークのデザインです。
全く同じものなら、安いものを買うとか、アフターサービスがいい方で買うとかという選択になります。しかし、ロゴマーク、シンボルマークの場合は全く同じデザインはないので、そこで価格差が生じます。

販売ロゴ(ロゴマーク主体)とオーダーロゴ(ロゴマーク・ロゴタイプ・タイトルロゴなど)で料金の考え方は違います。

<オーダーロゴの場合>
ロゴマークやロゴタイプなどいわゆるロゴデザインを何もないところから作り出すのがオーダーロゴです。無料提案やコンペが主流で、スキルサイトなども登場しています。
料金体系もピンキリで、500円から数十万以上まで。デザインしているのは素人からプロまで。
広告代理店やデザイン事務所で、ロゴはデザインメニューの中の一つに過ぎない場合はかなり高額な料金を設定している場合もあります。

<販売ロゴの場合>
主にロゴマークやエンブレム・シンボルマークなど図案の完成されているロゴデザインを即購入できるのが販売ロゴマークです。
オーダーロゴとの違いは、クライアントとのやりとりをあまり必要としないので価格上限はオーダーロゴよりはかなり安い設定です。
料金設定も5000円から5万くらいまで。安くてもいいロゴデザインがあれば、高くてもクオリティの低いロゴデザインも存在します。見て選べるのでデザインクオリティを確認できます。
販売ロゴを選ぶ場合に気をつける点がひとつあります。それはヤフーやグーグルの画像検索に出てこないロゴを選ぶということです。画像検索に出てくるロゴはいろいろな人が参考にするので類似ロゴが増えてしまう可能性が出てきます。例えば人をモチーフにしたロゴを選んだときに、一度画像検索で「ロゴ 人」と入れてそのロゴが出てこないかを確認する必要があります

なぜ、ロゴの料金にかなり差が出てしまうのか?

これはロゴを制作する環境でも大きく変わりますがその中でも「人件費」の割合が大きいです。人件費はロゴの制作に関わっている人の一人辺りの時間給です。

ロゴをゼロから作り出すのに何人でどのくらい時間がかかったかということです。

クオリティの算出は様々ですが「時間をかければ、より良いものを作り出せる」のは通例です。
パッといいアイデアが閃いてすぐにできるという場合もありますが、やはりクオリティを上げるにはそれなりの時間と労力が必要になってきます。クオリティーは「デザイナー自身」に依存しますが、同じデザイナーの作品でもクオリティーの低い高いは存在します。先ほども書いているように、ロゴのデザインにかける時間と労力によってハッキリとクオリティに差が出ます。

クオリティの高いロゴと低いロゴが存在する理由。

一言で言ってしまうとデザイナーの「センスと労力」の違いになります。

センスとはデザイナーのアイデア力。労力は制作時間です。

ロゴのクオリティは『デザイナーのセンスとスキル』+『制作にかける時間と労力(コスト)』によってかなり変わります。

時間と労力(コスト)をかけた分だけクオリティが高くなるのは当たり前です。ロゴのデザイン完成度を上げる作業が「コストをかける」ということです。
デザイナーのスキルは「デザイナーの個性とセンス」「デザイナーの技術」です。

デザイナーの個性とセンスは、ロゴのアイデアの部分で「ロゴ制作において最も重要なポイント」です。

個性豊かなデザイナー、発想力の高いデザイナーであれば、独自のデザイン感を展開させて様々なロゴのデザインを産み出す力があります。デザイナーの技術は、アイデアを形にする技術です。例えば、同じ材料で同じ料理を作ったとしても美味しさは違います。それは材料の切り方だったり、火の入れ方だったり、味付けのタイミングであったり・・・全く同じ材料なのに、作り手によって変わるのが技術にあたります。私の弟は、宮内庁の園遊会で助っ人として料理を作ったりしている日本料理のプロですが、もし自分が同じ材料で料理しても天と地ほどの差ができるのは容易に想像できます。これと同じでロゴのデザインもデザイナー(作り手)のスキルに大きく依存します。

ロゴの料金は、「ロゴを誰が作るのか(オーダーロゴ)」「ロゴを誰が作ったのか(販売ロゴ)」で大きく変わります。

例えば大御所といわれているような有名なデザイナーに依頼すればロゴの制作費に百万以上の金額がかかります。そのなかにはその有名なデザイナーが制作したというネームバリューも含まれていると思います。「あの有名な誰々さんが作ったロゴマーク」これだけでも宣伝効果は十分です。デザイナーでなくても、有名な芸能人が作ったロゴというだけでも、クオリティはさておき知名度は抜群に上がるということです。

しかし、一般的にはそんな頼み方はしませんのでロゴの予算をまず自分で決めるのがいいと思います。

1)ロゴの予算を決める
ロゴにかけられる費用は大体いくらまで・・・ある程度の幅は必要です。多少の予算オーバーなら永く使い続けていくロゴはクオリティを優先したほうがいいでしょう。

2)いつまでにロゴが必要かを決める
一番制作に時間がかかるツールから逆算します。例えばお店を開店させるのに一番時間がかかるツールを看板だとした場合、看板業者にいつまでにロゴを渡さなければいけないかということです。
フルオーダーでロゴを制作するなら、デザインの再提出なども考慮すると、2ヶ月前くらいにはロゴを発注したいところです。
完成済みの販売ロゴから探すなら、ロゴを探す検索期間やデザイン修正期間を入れて一ヶ月くらい見ておけばいいと思います。

3)ロゴの発注スタイルを決める
オーダーロゴでデザインを依頼するか、販売ロゴで完成済みのロゴを買うか。
1ヶ月以内にロゴの納品を希望するなら販売ロゴマークから探すのが一番いいです。納品までに余裕があるならゼロから作るオーダーロゴでも可能です。

ロゴのクオリティと料金の関係

ロゴのクオリティとは本来、人から評価されるものです。

自分で評価するのであればそれはアートです。ロゴは商業デザインですので人から評価されなくてはいけません。
しかし、ロゴの価格決定には自己評価によるクオリティ面での依存率も高いのが正直なところです。

「ロゴのデザインクオリティと料金は基本的に比例する」

例えば様々な賞を取っているデザイナーにロゴを発注する場合と、主婦や学生などアルバイトでデザインしている人に依頼する場合では同じ料金にはならないということです。
賞を取るということは、それなりに人から評価を受けているということです。ロゴの制作実績の一部もこれに当てはまりますが、制作実績の場合は一概にクオリティだけとは言い切れません。

先ほども記載したように、ロゴのクオリティは『デザイナーのセンスとスキル』+『制作にかける時間と労力(コスト)』になります。
そしてロゴの価格決定にはさらにもう一つ「ロゴデザインへの自信」が加わります。

ロゴのデザイン料が高いということは、デザイナーにそれなりの自信があるからこそできる価格決定です。
(ただし自己評価を過大評価したり過小評価しているデザイナーは様々ですが・・)

「センスに自信あり」「スキルに自信あり」「制作にかける時間と労力もおしまない」ならロゴの料金は高くなります。そしてこの項目が減ることでロゴのデザイン料金は安くなります。

センス・スキルに自信があっても、ロゴの制作にかける時間と労力を低く抑えたならロゴのデザイン料金はその分安くなるということです。

【まとめ】ロゴ価格決定は『デザイナーのセンスとスキル』+『制作にかける時間と労力(コスト)』+『デザイナーの自信の強さ』で決まる。

【この記事を書いた人・・】ロゴデザイナーのタケハラです。ロゴに関する記事、コピーはすべて私の経験から書いています。プロフィールはこちら

Posted by logomarkgarden