コンテンツへスキップ

家のロゴ 住宅検査|ロゴ販売番号0303

    家をモチーフにした独創的なデザインのロゴ 住宅検査を表現しています。

    ロゴの説明

    このロゴマークは、建物・住宅の検査をテーマに作成されました。その目的は、家をめくって内側を見ることによって、見えない部分までを徹底的に検査する厳しい住宅検査のプロであることを伝えることです。このデザインは、住宅を購入されたお客様や、これから住宅を購入しようと考えているお客様が安心して検査を依頼できることを伝えることを意図しています。

    ロゴマークは、シンプルかつわかりやすいデザインとなっています。その中心には、家の形状が描かれています。この家の形状は、一般的な住宅の外観を基にしており、視覚的に建物と関連付けられるようになっています。

    デザインでは、家をめくって内部が見えるように表現されています。このアイデアは、建物の内部まで徹底的に検査していることを示すための象徴的な表現です。内部の構造や断面の具体的な描写はないものの、家をめくるイメージによって、見えない部分までを丁寧にチェックしていることが伝わるようになっています。

    このロゴマークのデザインは、信頼と安心を伝えることを重視しています。わかりやすさと視覚的な印象力を持ちながら、建物・住宅の検査のプロフェッショナリズムをアピールするデザインとなっています。お客様に対して、検査の信頼性と徹底性を伝えるために、このようなデザインに仕上げました。

    家のロゴ 住宅検査0303色

    住宅検査を表現した家ロゴの特徴

    視覚的なインパクトで注目を集める

    • 「建物をめくる」デザインが他のロゴとは異なる独創性を持ち、一目見て記憶に残ります。
    • 家の形状が直感的に建物・住宅関連を連想させ、業界や検査の専門性を示します。

    徹底した内部検査のプロフェッショナリズムを表現

    • 家をめくって内部が見えるデザインは、厳しい住宅検査のプロであることを直感的に伝えます。
    • お客様は、このロゴを見ることで信頼性と専門性を感じ、安心して検査を依頼できると認識します。

    オリジナリティと差別化を実現

    • 他のロゴとは一線を画するこのロゴは、他にはない独自性を持ちます。
    • オリジナリティによって、建物・住宅検査のプロフェッショナリズムを強調し、競合他社との差別化を図ります。

    覚えやすくブランドイメージを固定化

    • シンプルかつ視覚的なデザインは、覚えやすさに貢献します。
    • ロゴを見るたびに、建物・住宅検査のプロフェッショナリズムや信頼性を思い出させ、ブランドイメージを定着させます。

    メッセージの明確化と顧客の安心感の向上

    • 「家をめくって内部を検査する」イメージは、検査の徹底性と内部へのアクセスを強調します。
    • 顧客は、このロゴを見ることで安心感を抱き、自身の住宅を信頼できる検査プロフェッショナルに依頼することに積極的になります。

    以上が、このロゴを使用することで得られるメリットの詳細な説明です。このロゴならではの特徴や魅力を活かし、建物・住宅の検査に関する独自の価値を顧客に伝えることができます。

    住宅検査ロゴの使用見本

    ロゴマークの色

    ロゴマークの色はメインカラー、カラーA、カラーBよりお選びください。色変更も可能です。色変更をご希望の場合は、お申し込みフォーム内にて「色変更希望」にチェックを入れていただき、変更したい色名(おおまかでも大丈夫です)を記入してください。

    210303color m
    210303color a
    210303color b

    ロゴのCMYKカラーチャートを公開しています

    【ロゴ販売番号|0303】

    ロゴ価格|47,300円(税込)

    【ロゴ価格+プラン料金】がロゴ制作料金です。

    プラン料金(ロゴ制作料金)納品パターン修正回数
    基本プラン|0円(47,300円)ロゴのみ色変更2回
    社名プラン|4,400円(51,700円)ロゴ下社名またはロゴ右社名初回2案+2回
    完全プラン|5,500円(52,800円)ロゴのみ・ロゴ下社名・ロゴ右社名の3パターン初回3案+4回
    (注意)完全プランは同じ内容のデザインになります。ロゴ下社名とロゴ右社名の文字内容及び色、書体は同一となります。ロゴの色も全て同じ色になります。
    本サイトに掲載のロゴ及び文章の無断使用・無断複製を固く禁じます。
    本サイトに掲載されているロゴ及びロゴ画像の権利は、ロゴマークガーデンを運営するたけはらデザイン室に属します。著作権者の許可承諾がなく無断使用・無断複製などの行為を行うことは著作権法など著作権侵害や著作隣接権侵害などの違法行為となり損害賠償請求の対象となります。