コンテンツへスキップ

ハートの繋がった可愛い花ロゴ シンプルなデザイン|ロゴ販売番号01467

    ハートの花びらが作り出す花ロゴ シンプルでキュートなデザインです。

    ロゴの説明

    このデザインのロゴマークは、ハートが重なったような花びらを円形につなげたものです。花びらの形状は、花が開いた・開花したような印象を与えるようにデザインされています。

    このロゴマークの主なコンセプトは、ハートのつながりを表現することです。ハートの形が重なり合っていることで、たくさんの人との心のつながりを象徴しています。このデザインは、人々がお互いに繋がり、協力・協調・連携することで花が開花するというメッセージを伝えています。

    円形のデザインは、完結感と統一感をもたらし、全体的にシンプルで使い勝手の良い印象を与えます。ロゴマークのシンプルさは、視覚的にも識別しやすく、覚えやすい要素となっています。

    このロゴマークは、協力や連携を重視する組織やブランドに適しています。目的を達成するためには、人々が心を通わせ、協力し合う必要があることを示唆しています。また、花が開花するように、協力と結びついた成果や発展をイメージさせることで、組織やブランドの成長や成功を表現しています。

    このロゴマークは、協力や連携を促進するメッセージを持ちながらも、シンプルで洗練されたデザインとして、幅広いコンテキストで使用することができます。

    シンプルなハートのフラワーロゴを使用するメリット

    ハートのつながりから生まれる感動と絆

    このロゴならではのメリットは、ハートのつながりを象徴するデザインから生まれる感動と絆です。花びらが重なり合っている姿は、たくさんの人々が協力し合い、連携することで生まれる結びつきを表現しています。このロゴを見ることで、人々が共感し、一体感を感じることができます。

    組織やブランドの協力・連携の象徴

    このロゴは、協力や連携を重視する組織やブランドに最適です。花が開花するように、協力と結びついた成果や発展をイメージさせます。ロゴを見る人々は、このブランドが協力と連携に基づいて目標を達成することを期待し、信頼感を抱くでしょう。

    ンプルで視覚的に識別しやすいデザイン

    このロゴはシンプルかつ視覚的に識別しやすいデザインです。花びらを円形につなげた形状は、視覚的に印象に残りやすく、覚えやすい特徴を持っています。人々は一目見た瞬間に、このロゴをブランドや組織と結び付けることができます。

    心温まるコミュニケーションの促進

    このロゴは、人々との心温まるコミュニケーションを促進する効果があります。ハートのつながりを表現したデザインは、親近感と共感を喚起し、人々が積極的に関わり合うことを促します。このロゴを通じて、コミュニケーションの円滑化や信頼関係の構築が期待できます。

    オリジナリティとブランドの差別化

    このロゴはオリジナリティに富み、他のロゴとは一線を画しています。ハートのつながりと開花する花びらのデザインは独自性があり、ブランドの個性や独自性を際立たせることができます。他の競合ブランドとの差別化を図り、顧客の注意を引くことができるでしょう。

    ハートで出来た花のロゴの使用見本

    ロゴマークの色

    ロゴマークの色はメインカラー、カラーA、カラーBよりお選びください。色変更も可能です。色変更をご希望の場合は、お申し込みフォーム内にて「色変更希望」にチェックを入れていただき、変更したい色名(おおまかでも大丈夫です)を記入してください。

    2101467color m
    2101467color a
    2101467color b

    ロゴのCMYKカラーチャートを公開しています

    【ロゴ販売番号|01467】 

    ロゴ価格|47,300円(税込)

    【ロゴ価格+プラン料金】がロゴ制作料金です。

    プラン料金(ロゴ制作料金)納品パターン修正回数
    基本プラン|0円(47,300円)ロゴのみ色変更2回
    社名プラン|4,400円(51,700円)ロゴ下社名またはロゴ右社名初回2案+2回
    完全プラン|5,500円(52,800円)ロゴのみ・ロゴ下社名・ロゴ右社名の3パターン初回3案+4回
    (注意)完全プランは同じ内容のデザインになります。ロゴ下社名とロゴ右社名の文字内容及び色、書体は同一となります。ロゴの色も全て同じ色になります。
    本サイトに掲載のロゴ及び文章の無断使用・無断複製を固く禁じます。
    本サイトに掲載されているロゴ及びロゴ画像の権利は、ロゴマークガーデンを運営するたけはらデザイン室に属します。著作権者の許可承諾がなく無断使用・無断複製などの行為を行うことは著作権法など著作権侵害や著作隣接権侵害などの違法行為となり損害賠償請求の対象となります。