コンテンツへスキップ

施す手と目の眼科ロゴデザイン|医療向けロゴを販売

    手が目を包み込んでいるよう眼科ロゴデザイン

    このロゴマークは、目の手当を象徴するために設計されました。手をデフォルメしたデザインで、2つの手が左右に配置されています。この形状は、手が目を包み込むようなイメージを表現しており、目の手当が手厚く行われることを暗示しています。

    2つの手は、目の手当を行う医療従事者と患者を表しています。手が寄り添っている様子は、医療従事者が患者に丁寧に対応し、手厚い治療を施すことを表現しています。また、手が治療を施すという意味合いは、医療従事者が目の病気や障害を治療することを表しています。

    このロゴマークは、目の手当を表現するだけでなく、医療従事者と患者の信頼関係や丁寧な対応、手厚い治療といった価値観を表現しています。

    210216

    手と目のロゴを使用するメリット

    このロゴのメリット

    • 視覚的な親近感の向上:目の手当を象徴するこのロゴマークを用いることで、患者や顧客との視覚的な親近感を向上させることができます。
    • ブランドイメージの向上:このロゴマークを使用することで、信頼性や質の高さをイメージしやすくなり、ブランドイメージの向上が期待できます。
    • 眼科医やメガネ販売店の差別化:このロゴマークは、他の医療機関やメガネ販売店との差別化を図ることができます。
    • 目の病気や障害の認知度向上:このロゴマークは、目の手当を表現しているため、目の病気や障害についての認知度向上につながる可能性があります。
    • マーケティング効果の向上:このロゴマークを使用することで、広告やプロモーションの効果が向上する可能性があります。
    • 患者や顧客の忠誠心の向上:このロゴマークを使用することで、患者や顧客に安心感や信頼感を与えることができ、忠誠心の向上が期待できます。
    • 視覚的な覚えやすさ:このロゴマークは、目をデフォルメしたデザインであり、視覚的な覚えやすさがあります。
    210216img02
    210216img01

    この手と目のロゴにおすすめの業種やサービス

    1. 目の病気や障害に特化した眼科医院:このロゴマークは、目の病気や障害を治療する医療機関に最適です。このような眼科医院は、このロゴマークを用いることで、専門性や信頼性をアピールすることができます。
    2. 高品質なサービスを提供する眼科医院:デフォルメされた手と目のデザインは、手厚い手当の手を表現しています。このロゴマークを用いることで、高品質なサービスを提供する眼科医院をアピールすることができます。
    3. ファッション性を重視した眼鏡店:若年層に親しみやすいデフォルメされた手と目のデザインは、ファッション性を重視した眼鏡店におすすめです。このロゴマークを用いることで、洗練されたイメージをアピールすることができます。
    4. メガネ補正に特化した眼鏡店:このロゴマークは、手厚い手当の手を表現しており、正確で丁寧な補正作業を行う眼鏡店に最適です。このような眼鏡店は、このロゴマークを用いることで、メガネ補正に特化した信頼性のある眼鏡店をアピールすることができます。

    ロゴマークの色

    ロゴマークの色はメインカラー、カラーA、カラーBよりお選びください。色変更も可能です。色変更をご希望の場合は、お申し込みフォーム内にて「色変更希望」にチェックを入れていただき、変更したい色名(おおまかでも大丈夫です)を記入してください。

    210216color m
    210216color a
    210216color b

    【ロゴ販売番号|0216】

    ロゴ価格|39,600円(税込)

    【ロゴ価格+プラン料金】がロゴ制作料金です。

    プラン料金(ロゴ制作料金)納品パターン修正回数
    基本プラン|0円(39,600円:税込)ロゴのみ色変更2回
    社名プラン|4,400円(44,000円:税込)ロゴ下社名またはロゴ右社名初回2案+2回
    完全プラン|5,500円(45,100円:税込)ロゴのみ・ロゴ下社名・ロゴ右社名の3パターン初回3案+4回
    (注意)完全プランは同じ内容のデザインになります。ロゴ下社名とロゴ右社名の文字内容及び色、書体は同一となります。ロゴの色も全て同じ色になります。
    本サイトに掲載のロゴ及び文章の無断使用・無断複製を固く禁じます。
    本サイトに掲載されているロゴ及びロゴ画像の権利は、ロゴマークガーデンを運営するたけはらデザイン室に属します。著作権者の許可承諾がなく無断使用・無断複製などの行為を行うことは著作権法など著作権侵害や著作隣接権侵害などの違法行為となり損害賠償請求の対象となります。