太陽の花【ヒマワリの花のロゴマーク】を使う3つの効果 | ロゴデザインの制作と販売【ロゴマークガーデン】

太陽の花【ヒマワリの花のロゴマーク】を使う3つの効果

元気で明るいイメージが伝わる「向日葵(ひまわり)」の花は
ロゴマークとしても結構な人気があります。

1.ヒマワリの花のロゴマークなら「ポジティブな印象」が伝わります。

会社やお店にポジティブな印象を与えたい場合、ヒマワリのロゴマークがオススメできる理由。

ヒマワリ(向日葵)の花は、夏の花の代表と言えます。原産地は北アメリカで別名「日輪草」「日車草」などとも言われています。
向日葵や日輪草、日車草というように「日の文字と縁がある太陽をイメージさせる元気な花」で、英語では「サンフラワー(sunflower)」、まさにひまわりは太陽の花という印象がぴったりの花です。

このようなイメージから、ひまわりの花を使ったロゴマークは明るくポジティブなイメージを与えてくれます。
ヒマワリの花のロゴマークは老人ホームやデイサービスなど介護・福祉・医療関連など少しでも利用者の気持ちを明るくするような業種のロゴマークとしてもとてもオススメです。

2.「元気に成長するイメージ」が伝わるヒマワリのロゴ

明るく成長する印象を伝えたい会社や元気なイメージを伝えたいカフェなどの飲食店や物販店などお店のロゴマークとしてもオススメです。また、スクスクと元気に伸びる・成長するイメージから保育園や幼稚園など児童と関わりのある業種のロゴマークにも向いています。
ひまわりの名前を取り入れた会社として「SOMPOひまわり生命保険」などがあるように保険業や医療関係のロゴとしても明るく元気になるイメージが伝わるのでいいのではないでしょうか?

ヒマワリは大きな花を咲かせるというイメージもあります。

そのような意味合いで会社や事業が元気に成長していくということを伝えるならひまわりの花のロゴを使ってみるということも検討範囲ではないでしょうか?
ちなみにひらがなの「ひまわり」を社名に使っている会社は「さくら」よりも多くあるそうです。

独自集計!日本の「ありがち社名」トップ1000

引用元:東洋経済ONLINE

やはり明るく元気な印象が伝わるので社名でも人気があるのでしょうか・・。

3.ヒマワリのロゴマークは「わかりやすく伝わりやすい」

ひまわりの花は誰でも知っている花の代表といえます。
見た目も分かりやすいですし、大きな向日葵ならかなり目立ちます。なんといっても伝わりやすいです。

「うちの会社のマークは、ヒマワリの花だから・・」
「歩いていくとヒマワリの花の看板がありますので、そこがお店になります。」
というように、ヒマワリの花をモチーフにしたロゴマークなら口頭で伝えることも可能なのです。

ヒマワリの花のロゴマークを作るときの3つの注意点

ここでは、ヒマワリのロゴマークを制作する際に、特に気をつけなければならないポイントを3つご紹介いたします。

ヒマワリの花の色

ヒマワリのイメージが伝わる色は黄色系もしくは黄色の色味が強いオレンジ系が代表です。誰もがヒマワリの花というとこの色を思い出すのではないでしょうか?また、葉のグリーンと合わさることでより一層元気さや明るさが伝わってきます。

ヒマワリの花の色の王道は「黄色系または黄色味が強いオレンジ系」

特徴を出すなら「違った色のひまわり」という選択肢も

ヒマワリの花にもいろいろな色があるようです。他とは違うひまわりのロゴマークを作るという点では、本来あるはずのない色を使用してもいいとは思いますが、その場合少し注意が必要です。

ヒマワリのロゴマークに黄色系以外の色を使うと気づかれづらくなる

ヒマワリの花と思ってもらえないということです。社名や店名などにヒマワリの文字またはSunflowerの文字が入っていれば、ああ、ヒマワリの花なんだと気付いてもらえますがロゴマーク単体で使用する場合気付いてもらいにくいということがウィークポイントになってしまいます。

色が違うだけで認知されずらくなるのでその点を注意してヒマワリのロゴマークをデザインするのが良いでしょう。

ヒマワリの花の形

ヒマワリの花の形はありがちなデザインになりやすいです。例えば、小さい子供に花を描かせるとひまわりタイプの花の形になることが多いです。

花の形=ひまわりタイプのデザイン

解決策として

ポイント:単色使用した場合でも「ヒマワリの花」ということが伝わるロゴマークのデザインにすることが良いでしょう。ひまわりのような形の花は多く、他の花と間違えられてしまうかもしれません。(描き方次第ではひまわりと勘違いされる花:デイジー、ガーベラ、マーガレットなど)
中央部分の円形を大きく、葉の数を多めにすると向日葵のイメージにぐんと近づきます。
社名や店名などに「ひまわりの文字」が入っている場合はより安心ですので、そのような場合はできるだけ名前とロゴを組み合わせたデザインで使用しましょう。

類似のヒマワリの花のロゴマークに注意

上でも話したように、ヒマワリの花は他の花とも、とても形が似ています。ヒマワリの花を描くときはみんなほぼ同じような形になるので他と類似していないか十分注意する必要があります。自分しか考えていないと思っていても、ヒマワリの花なら、かなり似ているデザインがある場合があります。類似させない色々な方法はありますが、特にヒマワリ単体の花でシンプルなデザインにする時は特に注意しましょう。

解決策1 : GoogleやYahooなどで「ひまわりのロゴ」で画像検索して類似がないか探す。

まずは、ヒマワリのロゴで画像検索をしてみて類似デザインがないかを探してみます。画像検索だけでは十分ではありませんが、自分んが考えたロゴマークとそっくりという場合もあるかもしれませんので、サムネイルを描いた段階で一度調べておきましょう。

解決策2 : ヒマワリの花+別のモチーフの組み合わせる

他のモチーフを組み合わせることでヒマワリ単体より、確実に類似デザインを避けられます。

  • 別のモチーフを1点組み合わせる・・・・・類似は減ります。
  • 別のモチーフを2点組み合わせる・・・・・かなり類似は減ります。
  • 別のモチーフを3点組み合わせる・・・・・ほとんど類似しません。
  • 別のモチーフを4点以上組み合わせる・・・安全です。

解決策3 : 被写体(ヒマワリの花)の角度を変える

ヒマワリの花の正面画ではなく、違う角度から見たヒマワリの花のロゴマークにする。これだけでもかなり類似は減りますが、クライアントからのOKが出るかは少し怪しいです。デザイナーの腕の見せ所になります。

ひまわりの花の販売ロゴ マーク5選

太陽のような元気なヒマワリの花のロゴマーク

ひと目見てヒマワリの花ということがわかるようロゴマークのなデザインにしています。輪郭を太めの線でしっかりと表現し元気なイメージを伝えたひまわりの花のロゴマークです。

少しエキゾチックな太陽とひまわりの花のロゴマーク

太陽の花である「Sunflower」という言葉からイメージしてデザインした少しエキゾチックなイメージのヒマワリのロゴマークです。花びらをなびかせることで燃える太陽をイメージさせました。

中央の丸い部分が大きなヒマワリ(サンフラワー)のロゴマーク

ひまわりの花と太陽の二つのモチーフの良いイメージを組み合わせた元気で明るい印象が伝わるロゴマークです。中央の円形をとくに大きくしてひまわりの花のイメージを表現しています。

成長をテーマに作成したヒマワリの花と葉っぱのロゴマーク

ヒマワリと太陽をデザインベースにして成長を表した元気で可愛らしいデザインのロゴマークです。中央の大きな円の中にはひまわりの種を、外側の花弁部分は双葉に置き換えて表現しています。

ひまわりと太陽と人と1週間のロゴマーク

ひまわりの花と太陽を組み合わせたデザインで、花びら部分に人をイメージさせるデザインを組み合わせました。人の数は7人で1週間を表しています。ひまわりや太陽のように元気に1週間を・・そんな印象を伝えているヒマワリのロゴマークです。

このロゴを作って、記事を書いている人

ロゴデザイナー|タケハラ
ロゴデザイナー歴18年以上(デザイナー歴はそれ以上)、数千点以上のロゴを制作。
<ロゴ制作実績>映画翻訳家アンゼたかし氏、東京都子育て応援東京会議、留学生進路支援センター、マイナビ就活チャンネル、全国競馬労働組合、九州工業大学理数教育センター、京丹波町国際交流協会 他多数。その他のロゴ作品の一部を公開

販売ロゴのデザインのリクエストを受け付けています。(無料)詳しくはここをクリック

こだわったロゴを作るなら「オーダーロゴ制作のロゴジャパン 」詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました